シンカ工業マシニングセンター・機械加工・製缶加工ステンレス・アルミ・スチール溶接

ブログ

.
ホーム > ブログ > 『気さくな殿、突然の別れ』

『気さくな殿、突然の別れ』


おはようございます。

 

今日の天気は曇り、最高気温は14度となります。夕方からは雨となる見込みです。

 

本日3月31日「オーケストラの日」です。

日本オーケストラ連盟が2007 (平成19)年中1月に制定し、その年から実施。

「み(3)み(3)に一番」「み(3)み(3)にいい(1)ひ」

(耳に良い日)の語呂合わせと、春休み期間中であり親子揃ってイベントに参加しやすいことから。

 

 

さて本日の話は「気さくな殿、突然の別れ」のお話です。

 

ザ・ドリフターズのメンバーの中では、最年少の志村けんさんが逝ってしまいました。

私は「8時だよ全員集合!」世代のため、80年代は毎週欠かさず、観ていたので、とても残念でなりません。心よりご冥福をお祈りします。

 

以下ご興味ある方はお付き合いください。

 

国民的人気を誇った「ザ・ドリフターズ」のメンバーとして活躍したタレント、

志村けんさん(70)の新型コロナウィルス感染による訃報を受け、気さくな人柄を知る知人やファンから哀悼の声が相次いだ。

ドリフのメンバーでタレントの加藤茶さんも「ドリフの宝、日本の宝を奪ったコロナが憎いです」とコメントした。

 

東京、麻布十番の繁華街。

テレビ番組でお気に入りとして紹介された焼鳥屋「あべちゃん」の阿部慎太郎店長(46)は「大スターなのに気さくな人だった。ゆっくり休んでほしい」と肩を落とした。

父親が切り盛りしていた約40年前から通い、最近も年に1、2回は来店。志村さんは気取らず、焼酎を飲み、もつ煮込みや焼き鳥の盛り合わせを食べていたと言う。

 

志村さんの地元の東京都東村山市で1989年からギャグにちなむ「だいじょぶだァー饅頭」を販売してきた和菓子店、

「餅萬」では、小学校の時に志村さんに会ったことがあると言う深井駿社長(37)が「東村山を全国に広めてくれたスーパースター。

今は何も考えられません」と悲しんだ。

 

志村さんが出演した映画「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台となった北海道南富良野町でも惜しむ声が上がった。

広告担当を務めた町防災安全推進室の山田和彦室長は「バスから見学者に笑顔で手を振っていた。

テレビと変わらず明るくて優しい雰囲気だった」と語る。

町はロケ地のJR根室線幾寅駅に記帳台を設けた。

 

29日死去した志村さんが所属した「ザ、ドリフターズ」のメンバーの3人が30日に発表したコメントは次の通り。

 

加藤茶さん(77)

ドリフの宝、日本の宝奪ったコロナが憎いです。皆さんの身近に感じて、気をつけて下さるようお願いいたします。

 

仲本工事さん(78)

ドリフも順番に逝く歳になったと思ったけど、1番若い志村が長さん(故いかりや長介さん)の次になるとは...。非常に悔しいです。

 

高木ブーさん(87)

志村早すぎるよ、俺より先に行くなんて。

3年前に、久しぶりにドリフでコントやった時、「高木さんも80歳過ぎて、頑張ってるんだから、自分も頑張らなくちゃなぁ」って言っていたよね。

また一緒にコントやりたかったのに。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

一時代を築いた志村けんさん、数々の笑いを本当にありがとうございました。安らかにお眠り下さい。

 

では今月もラスト、頑張って参ります。


2020年3月31日 09:34 |



Copyright (C)2012 SINKA KOUGYOU All Rights Reserved.
​ ​