シンカ工業マシニングセンター・機械加工・製缶加工ステンレス・アルミ・スチール溶接

ブログ

.
ホーム > ブログ > 仕事

『エネルギーバトル、技術が変える供給網』


おはようございます。

今日の天気は晴れ、最高気温は10度となり今日の夜中にはかなり冷え込み、1度となる見込みです。

体調管理にはくれぐれもご注意ください。

 

本日1月21日「ライバルが手を結ぶ日」です。

1866 (慶応2)年のこの日、長州の木戸孝允(たかよし)、薩摩の西郷隆盛らが土佐の坂本竜馬らの仲介で京都で会見し、倒幕のために薩長同盟(薩長連合)を結んだ。

 

 

さて本日のお話は「エネルギーバトル、技術が変える供給網」のお話です。

少々長くなりますがご興味のある方はお付き合いください。

 

電力の主役は電力会社から個人や新興企業に移ろうとしている。

自然エネルギーを使った発電技術とIT (情報技術)が急速に発展し、個人間や地域内で電力を自在にやり取りできるようになったためだ。

電力会社が大型発電所で作った電気を自社の送電網で送るといった当たり前だった景色が変わりつつある。

 

「不便を感じずに環境貢献ができてうれしい」。

ドイツ南部に住むエンジニアのトーマス・フリューガーさんは、「独ゾネン」の蓄電池を使った電力サービスを高評価する。

2010年創業の同社は契約者間で電力を融通し合う仕組みを実用化。顧客は欧州で5万人いる。

 

蓄電池とソーラーパネルを家庭に取り付ける初期費用に平均200万円かかるが、月に約20ユーロ(2400円)支払うフリューガーさんは年間の電気代が6分の1程度になった。

今は月額料金ゼロが標準プランだ。

 

電気は需要と供給が一致しないと停電が起きる。

日本の電力会社は多くの発電所を抱え、その稼働率の変化で供給量を調整して対応する役割を担ってきたが、ゾネンはそれを崩す。

 

強みは人工知能(AI)に基づくアルゴリズムによる調整だ。

電気が余分なところから足りてない所へ、安く作れる場所から市場で高く売れる場所へと自動で判断する。

利用者は自ら気づかない間に、共有し合い、家庭で必要な分を賄う。

 

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は蓄電池の価格が30年までに16年の約4割に下がると見る。

中国企業の増産を背景に、さらに下がると指摘する関係者もおり、ゾネンのような活用が広がりそうだ。

 

国際エネルギー機関(IEA)によると、新興国の経済成長を背景に電力需要は40年に17年の1.5倍に増える。

その4割を太陽光など再生占める見込みで発電の主役も石炭から交代する。

 

大型の石炭火力や原子力発電の発電能力は約100万キロワット。

国内の家庭の電力消費量は1ヵ月250〜260キロワット時で、家庭用太陽光の月間発電量は300キロワット時超が多いとされる。

 

蓄電池でためたり、地域で融通できたりすればマネジメントは可能だ。

大型発電所や、それをつなぐ長い送電網を巨額の投資で作らなくても、電力ビジネスを展開できるようになる。

 

電力の自由化で先行した欧州では電気を作る会社、送る会社、売る会社など、機能ごとの再編が進んだ。

既に英独では石炭などの化石燃料よりも再生エネの発電量が上回る月もある。

 

電力大手は石炭やガス、原子力等の大型発電所の効率をどう高めるかにばかり力を入れてきた。

ただ競争のルールそのものが大きく変わり、エネルギー産業は、転換期を迎えている。

 

大手を介さず個人で融通出来る電力。

需要はますます増えていきそうですね。

 

では本日も頑張って参ります。



2020年1月21日 09:25 |




『建設投資、五輪後も堅調?』


おはようございます。

今日の天気は晴れ、最高気温は11度となる模様です。

朝晩は冷え込みますので体調管理にはくれぐれもご注意ください。

本日1月20日は、「海外団体旅行の日」です。

1965 (昭和40)年のこの日、日本航空が海外団体旅行「ジャルパック」を発売し、海外団体旅行がブームとなった。

 

 

さて本日は「建設投資、五輪後も堅調?」のお話です。少々長くなりますがご興味のある方はお付き合いください。

 

国立競技場が完成し、東京五輪、パラリンピック関連の施設整備に一区切りがついた。

今後は五倫関係の需要が底上げしてきた建設投資にブレーキがかかるとの見方もあるが、建設会社が受注しながら未着工の案件は最高水準まで積み上がっている。

建設が後にずれている原因は人手不足。

労働者の制約が建設投資の振幅をならし、息の長い投資につながる面もありそうだ。

 

東京五輪関係など、2020年の完成を目指す工事が多かったため19年度の施工高は増えた。

「20年度は新しい工事に取り掛かる年になる」「東京付近に多く仕事があるので国立競技場の工事に携わった社員はすでに他に移っている。」

と関係者は語る。

 

五輪のようなイベントがあるとそれまでは建設投資が一気に盛り上がり、終われば反動減に悩まされると言う振幅がつきものだった。

このため(五輪後)は堅調だった建設事業に陰りが出るとの見方もあったが、大手ゼネコンのトップの表情は明るい。なぜか。

その理由を端的に示しているのが工事の受注残だ。国土交通省によると19年10月末時点で受注して未着工の案件は約6.3兆円。

今の統計になった09年以降で最高水準に積み上がっている。12年の約3.2兆円のほぼ2倍だ。

 

オフィス等の工事を受注しても、技術者や建設現場で働く作業員が足りず、順番待ちの列ができていると言うわけだ。

順番待ちを反映して、工期も伸びる傾向にある。着工から完成予定までの期間が6ヶ月以上の工事の件数の割合は、13年度は全体の11%弱だったが、18年度は13%超まで増えた。

 

人手不足の制約で供給が一気に膨らまないのがむしろメリットだと指摘もある。

着工しようにも人手が確保できないため、期せずして建設需要が落ちることなく続いていく。

 

日銀も19年10月末に公表したレポートで、海外経済が減速する中で設備投資と粘り強さを検証した。

建設投資については「人手不足で建設工事がゆっくり進捗していく下で、先行きの建設投資は緩やかながらも長い増加傾向を維持する可能性が高い」と指摘した。

 

もっとも、未着工期間が長いと言う事は、環境変化で計画そのものを白紙撤回するリスクもつきまとう。

 

建設投資の中身がネット社会に対応した物流拠点の整備や、老朽化設備の建て替え、再開発など待ったなしの対応とは言え、

海外経済の減速が続く中、いつまでも需要をつなぎとめておけると言う保証は無い。

 

人手不足と言う制約が、緩やかで息の長い成長をもたらすのか、阻害要因となるのか、今後の行く末を見守る必要がありますね。

 

では今週も頑張って参ります。

               



2020年1月20日 09:18 |




『災害とボランティアの日』


おはようございます。

今日の天気は曇り、最高気温は11度とかなり肌寒く感じるそうです。19時ごろからは、雨になりますのでご注意ください。

本日1月17日「災害とボランティアの日」です。

1995年1月17日午前5時46分、淡路島北端を震源とする兵庫県南部地震が発生した。

阪神淡路大震災では、政府や行政の対応の遅れが批判された一方で、学生を中心としたボランティア活動を活発化し、「日本のボランティア元年」と言われた。

これをきっかけにボランティア活動への認識を深め、災害への備えの充実強化を図る目的で、1995年12月の閣議で制定が決定され、翌1996年から実施された。

 

今日は時間がないのでもう一つ。

 

「おむすびの日」です。

米に関する民間企業やJA等で作る「ご飯を食べよう国民運動推進協議会」が2000年11月に制定し、2001年から実施。

日付は公募で選ばれ、阪神大震災ではボランティアの炊き出しで被災者が励まされたことから、いつまでもこの善意を忘れないため、1月17日を記念日とした。

 

では今週もラスト頑張って参ります。



2020年1月17日 09:21 |




『ユーチューバー、淘汰の時代に』


おはようございます。

 

今日の天気は晴れところにより曇り、最高気温は11度と肌寒い1日となりそうです。

 

本日1月15日「フードドライブの日」です。

フードドライブとは家にある缶詰・レトルト食品などの不要な食べ物を集めて、

食べ物に困っている家庭に届ける活動のことで、この運動を各店舗で行なっているフィットネス事業の会社、カーブスジャパンが制定。

「い(1)い(1)ご(5)はん」のごろ合わせ。

元は11月に行っていたが、頂き物の多い歳暮や年始の方が良いと言うことで、1月に変更された。

 

 

さて本日は「ユーチューバー、淘汰の時代に」のお話です。

少々長くなりますがご興味のある方はお付き合い下さい。

 

無料動画配信の主要なプレイヤーと言えば動画サイト「ユーチューブ」に作品を投稿し、収入を稼ぐ「ユーチューバー」だ。

子供の憧れの職業にもなったが、近年試練に直面している。

類似作品が相次ぎ、爆発的なヒットが出にくくなっていることに加え、テレビからの参入者が視聴者を奪う。

動画市場を支えてきたユーチューバーはどこに向かうのか。

 

「世界最大級のグミ、1人で食います!」。Tシャツ姿の青年がマンションの一室で、巨大なグミを次々と口へと放り込む。

2015年の投稿後に1億2000万回以上再生されたこの動画の主は、チャンネル登録者数国内トップの約830万人を誇るユーチューバー、はじめしゃちょーだ。

 

ユーチューバーのマネージメントを手がける事務所、UUUMに所属し、テレビCMにも出演。社会的な知名度を獲得し、16年に登録者数日本一に輝いた。

そのトップランナーが今、「動画の内容も変えていかないと......」と危機感を漏らす。

再生数が1千万回を超える動画は多くが数年以上前のもの。体を張った実験など(定番物)が氾濫する中、有力なライバルも登場している。テレビからの参入者だ。

 

お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦が開設した「YouTube大学」軽妙な語り口で歴史や政治、経済を解説する異色の内容が支持され、19年4月開設で再生回数は1億6000万回以上。

芸能人ユーチューバーの代表格の1人だ。

 

19年10月に開設された人気グループ「嵐」のYouTubeチャンネルの登録者数は瞬く間に約250万人に。コツコツと独自動画を発信し、登録者を積み上げてきたユーチューバーにはできない事だ。

 

芸能人が参入する背景に、芸能人ユーチューバーの先駆けとされるお笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太は「1人で時間を使える魅力」を上げる

梶原はユーチューバー 「カジサック」として活躍。

投稿動画は数十万単位で再生される。

 

18年に発表した国内ユーチューバーの市場規模は、15年の33億円から22年には579億円まで伸びると予想する。

YouTubeの広告収益は明らにされていないが、100万回再生の動画1本ならば数十万円が稼げると言う。人気が出れば物販や企業との共同企画なのでさらに上ぶれする。

 

ユーチューバーの未来はどうなるのか。ユーチューバー支援に取り組むユーチューバーNEXTの社長、岡野武志は「100万人人近くの登録者数がいる人気ユーチューバーも、10年後には9割が姿を消すだろう」とみる。

はじめしゃちょーも「同じことをやる動画なら素人よりも芸能人の方が見られる。ネタや映像の内容で勝負し、芸能人のネームバリューを超えられるかどうか」と見る

 

テレビとネットの垣根がなくなってきて、クリエイターが多角的に活躍する時代。

 

若者が安易にユーチューバーになり、簡単に儲かると言う発想はやめた方が良いさそうですね。

 

では本日も頑張って参ります。



2020年1月15日 12:33 |




『黒字リストラ拡大』


おはようございます。

本日の天気は晴れ、最高気温は11度となります。

夜21時ごろからは雨になる模様です。

 

 

本日1月14日「タロとジロの日、愛と希望と勇気の日」です。

 

1959 (昭和34)年のこの日、南極に置き去りにされた南極観測隊の2匹のカラフト犬、タロとジロの生存が確認された。

 1956 (昭和31)年の秋、南極観測隊「宗谷」で11人の隊員が東京港を出発。15頭のカラフト犬も犬ぞり隊として参加した。

1958 (昭和33)年、第二次越冬隊を送り込むため再び(宗谷)は南極に向かったが、厚い氷に阻まれて断念。

11人の越冬隊員はヘリコプターで救助されたが、15頭のカラフト犬は救助することができず、鎖につないだまま氷原に置き去りにされた。

翌1959 (昭和34)年のこの日、ヘリコプターが2頭の生存を確認した。

南極から打電されたこのニュースは、世界を愛と希望と勇気の感動で包んだ。

ジロは南極で死亡したが、タロは5年後に日本に生還して北海道で余生を過ごした。

 

 

さて本日のお話は「黒字リストラ拡大」のお話です。

少々長くなりますがご興味のある方はお付き合い下さい。

 

好業績下で人員削減策を打ち出す企業が増えている。2019年に早期・希望退職を実施した上場企業35社のうち、最終損益が黒字だった企業が約6割を占めた。

これらの企業の削減人員数は中高年を中心に計9000人以上と18年の約3倍に増えた。

企業は若手社員への給与の再配分やデジタル時代に即した人材確保を迫られている。

業績は堅調で雇用環境も良いうちに人員構成を見直す動きで、人材の流動化が進む。

 

上場企業が19年に募集した早期、希望退職者は35社の計1万1千人だった。東京商工リサーチが調べた。

企業数も人数も18年(12社、4126人)の約3倍に上り、多くの電気大手が経営危機に陥っていた13年(54社、1万782人)の人数を超え、6年ぶりに1万人を上回った。

 

35社の業績を日本経済新聞が分析したところ、全体の57%にあたる20社が直近の通期最終損益が黒字で、好業績企業のリストラが急増していることがわかった。

この20社の削減幅は約9100人と、全体の8割を占めた。

最終赤字の企業は15社(43%)だった。

ただ有効求人倍率は高止まりしており雇用全体としては悪くない状況が続く。

 

「黒字リストラ」で目立ったのが製薬業界だ。

中外製薬は18年12月期に純利益が2期連続で過去最高更新したが、19年4月に45歳以上の早期退職者を募集し172人が応募した。

アステラス製薬も19年3月期の純利益が前期比35%増える中3月までに約700人が早期退職した。

 

企業を取り巻く経営環境は人工知能(AI)のようなデジタル技術の進展を受け急激に変化している。

従来の技術や専門性で競争力を保つのは難しい。

また高度技術を持つ人材若手を取り込むため高額報酬で競う会う構図も鮮明だ。

 

NECは19年3月までの1年間に約3000人の中高年がグループを去る一方、新入社員でも能力に応じ年1000万円を支払う制度を導入した。

富士通も2850人をリストラしたが、デジタル人材に最高4000万円を出す構想を持つ。

人材不足に対応するには中高年に手厚い賃金原資を若手に再配分する必要があると指摘する。今後ますますこの流れは進んでいく見込みだ。

 

定年後を見据え、早いうちに新しいキャリアに転じて長く働きたい人が増えるなど、働き手の意識も変わっている。

即戦力となる中高年は、中小企業等引き合いが強い。

デジタル化などの事業構造の改革を機に、流動性の低かった日本の人材市場のあり方が変わる可能性がある。

 

経営者もサラリーマンもこの大変革時代の流れに取り残されないようにしたいですね。

 

では今週も頑張って参ります。



2020年1月14日 09:35 |




『弁護士など(士業)の個人事業所、厚生年金適用対象に』


おはようございます。

 

今日の天気は快晴、最高気温は12度と1日中穏やかな日となりそうです。

 

本日1月10日「十日戎」の日です。

七福神の一柱である恵比寿様を祀る神社の祭礼。西日本で行われる。

商売繁盛を願って多くの人々が参拝し、縁起物を飾った笹や熊手を授かる。

多くの神社では前日の宵戎から翌日の残り福までの三日間行われるが、前々日の宵々戎から行う神社もある。

 

 

さて本日のお話は、「弁護士など(士業)の個人事業所、厚生年金適用対象に」のお話です。

ご興味のある方はしばしお付き合い下さい。

 

厚生労働省は弁護士や税理士ら法律や会計等の手続きを担う専門家、いわゆる(士業)の個人事業所の従業員を厚生年金の適用対象とする。

法人の事業所はすべて厚生年金に加入する必要があるが、個人事業主は対象外だった。

 

対象になる人は約5万人の見通し。2020年の通常国会に改正法案を提出し、22年10月からの適用を目指す。

 

フルタイムで働く人は通常、厚生年金に加入する必要がある。

だが農林水産業や飲食業など(非適用業種)とされる仕事や、従業員が5人未満の小規模な個人事業所で働く人は厚生年金の対象から外れている。

 

現在は(士業)の個人事業主も非適用業種の1つだが、厚生年金が適用される業種に見直す。

士業の個人事業所は比較的経営が安定しており、保険料の支払いといった事務手続きも問題なく行われると判断した。

対象業種の見直しは約70年ぶり。

厚労省の有識者会議も「士業などが非適用なのは疑問がある」としていた。

 

士業の個人事業所が適用外だとは知りませんでした。

財政が厳しい厚生年金、いろいろな改革を急ぐ必要がありますが、そもそもその程度で解消されるかはいささか疑問が残りますね。

 

では今週もラスト、頑張って参ります。



2020年1月10日 13:49 |




『台風の速度、10%遅く』


おはようございます。

 

今日の天気は快晴、最高気温は13度と穏やかな1日となりそうです。

 

本日1月9日「とんちの日」です。

とんちで有名な一休さん(一休宗純)から、「いっ(1)きゅう(9)」のごろ合わせ。

 

 

さて本日のお話は「台風の速度、10%遅く」のお話です。ご興味のある方は少々お付き合い下さい。

 

気象庁気象研究所などの研究グループは、厳しい温暖化対策を取らなかった場合、

今世紀末には日本が位置する中緯度帯を通過する台風の移動速度が平均で約10%遅くなるとの予測をまとめた。

台風の影響受ける時間が長くなると大雨や強風などの被害が拡大する恐れがあるとして、今後詳しく分析する方針だ。

 

成果は英科学誌ネイチャーコミニケーションズに掲載された。

研究グループは多数の気候シュミレーションの実験結果を取りまとめたデータベースを利用。

まず、1951年〜2010年までの気候を再現する実験の結果と、実際の観測データから求めた台風の移動速度を調べたところ、

実験が高い精度で気候を再現ができていることを確認できた。

 

次に再現実験のモデルを使い、地球の平均気温が産業革命から21世紀末までに4度上昇した場合の影響を予測した。

その結果、東京付近の緯度帯(北緯35〜40度)で、台風の平均移動速度が、

現状の毎時35.68キロメートルから11%低下し、同31.66キロメートルになると予測した。

温暖化で日本上空の偏西風が北上し、台風を移動させる風が中緯度帯で弱くなることが、移動速度を低下させる原因とみている。

 

 19年10月に関東地方などを襲った台風19号の移動速度は毎時37.5キロメートルと、平均値に比べ39%遅かった。

最近の研究では温暖化に伴い、台風による降水量が現状より1割程度増すとの予測もある。

 

地球温暖化の影響は、台風の勢力増大、台風の速度低下、ゲリラ豪雨の増加。

最近の異常気象と呼ばれる状態は、今後定期的に発生する通常の気候になりうるということを、強く認識しなければならないですね。

 

では本日も頑張って参ります。



2020年1月 9日 13:53 |




『時代拓く(ひらく)人材を』


おはようございます。

今日の天気は雨のち曇り、最高気温は16度と雨模様の割には比較的暖かい1日となりそうです。

本日1月8日「ロックの日」です。

1935 (昭和10)年にエルビス・プレスリーが生まれ、1947 (昭和22年)にデビット、ボーイが生まれた日です。

 

 

さて本日のお話は「時代拓く(ひらく)人材を」のお話です。少々長くなりますがご興味のある方はお付き合いください。

 

このままでは日本企業は、イノベーションや価値創造の担い手が先細りになる。

人工知能(AI)やビックデータ、ロボットなどが広がる第4次産業革命に、人材育成が適合していないからだ。

ものづくりに注力すればいい時代は機械工学や材料科学などの得意技術を社内で受け継いでいけばよかった。

しかし必要な知識はAIやあらゆるモノがネットでつながるIoTなどデジタル技術へ急速に移っている。

 

技術革新が早く、社員が日常の仕事を通じて最先端技術を身に付ける事は難しい。伝統的な職場内訓練(OJT)では人材育成が思うに任せないのが現実だ。

にもかかわらず内閣府の2018年度、経済財政白書によると、日本企業は一人当たり人的資本投資(16年度で約28万円)の 3分の2をOJTに費やしている。

 

社外研修への投資も日本企業は大きく遅れをとっている。

厚生労働省の18年版(労働経済の分析)でOJTを除く企業の能力開発費は国内総生産(GDP)に占める割合(10〜14年)を見ると、

米国の2.08%、フランスの1.78%、ドイツの1.20 %に対し、日本は0.10%と極めて低い。

 

企業は人づくりの進め方を一新し、革新的な技術やビジネスモデルを生み出せる人材の育成に本気で取り組む必要がある。

 

 DMG森精機は第4次産業革命を先導できるエンジニアの育成を進めている。

東京都江東区の先端技術研究センターを拠点に、新卒者を入社後2年間、AI、クラウドやIoT等の総合的な学習に専念させる。

給与を除き、外部講師料や社外研修、海外視察費などを合わせた一人当たりの費用は2年で500万円以上になる。

日本企業は教育訓練費を成長のための投資と捉え直す時だ。

 

日本にはある分野に精通したプロフェッショナルの育成を阻もうとする壁がある。

年齢や入社年次による雇用管理システムだ。

勤続年数に応じて賃金が上がる仕組みは今も温存されている。

厚労省の18年賃金構造基本統計調査によれば、日本企業の男性の賃金は50〜54歳がピーク(42万6千円)で、25〜29歳の1.7倍にあたる。

年功色の排除をためらっては有望な人材の力は引き出せない。

 

一般に企業は職務をはっきり定めずに人を雇ってきた。幅広く経験を積ませるためだが、高度な専門性を備えた人材が育ちにくい。

職務を明確にした「ジョブ型雇用」を積極的に取り入れるべきだ。

 

 どんな能力に長けた人材を育てるのは企業の針路に左右される。

トップが経営戦略を明確に打ち出す事は人材育成の出発点だ。

社外の人材から刺激を受ける意義も見逃せない。

技術が非連続で進化する時代、異質な「知」との交流がイノベーション力を育てるために欠かせない。

 

時代を拓く(ひらく)人材の育成で経営者のリーダーシップは一段と重みを増している。

 

最後の言葉、経営者にとっては1番重要な要素ですね。

では本日も頑張って参ります。

 



2020年1月 8日 13:56 |




『七種(ななくさ)、七種粥』


おはようございます。

今日の天気は曇りのち雨、最高気温は8度となり午後からは雨が降る模様です。日中気温が上がらない1日となりますので体調管理にはくれぐれもご注意ください。

本日1月7日「七種(ななくさ)、七種粥」の日です。

春の7種を刻んで入れた七種粥を作って、万病を除くおまじないとして食べる。

七種は、前日の夜、まな板に乗せ、囃し(はやし)歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥を入れる。

呪術的な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うと言う効果がある。

 

「春の7種」とは以下の7種類である。

 

芹(せり)

薺(なずな)、(別名、ぺんぺん草)

御形(ごぎょう)、現在の母子草(ははこぐさ)

繁縷(はこべら)、現在の繁縷(はこべ)

仏の座(ほとけのざ)、現在の田平子(たびらこ)

菘(すずな)、現在の蕪(かぶ)

蘿蔔(すずしろ)、現在の大根(だいこん)

 

 

今日は時間がないためもう一つだけ。

 

「爪切りの日」です。

新年になって初めて爪を切る日。

七種(ななくさ)を浸した水に爪をつけ、柔らかくして切ると、その年は風邪をひかないと言われている。

 

風邪をひかないなら、価値は充分にありますよね。

 

では本日も頑張って参ります。



2020年1月 7日 13:59 |




『マグロ1匹1億9320万円』


新年あけましておめでとうございます。

今日から仕事始めです。

本年も頑張って朝メール続けて参りますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

本日の天気は快晴です。最高気温は11度と比較的穏やかな1日となりそうです。

朝晩は最低気温が2度とかなり冷え込みますので、体調管理にはくれぐれもご注意ください。

 

本日1月6日「色の日」です。

「い(1)ろ(6)」の語呂合わせ。

色に関係する職業の人の記念日。

 

さて本日のお話は「マグロ1匹1億9320万円」です。

ご興味のある方は少々お付き合い下さい。

 

新春恒例の初競りが豊洲市場(東京・江東)で開かれ、青森県大間産のクロマグロが1匹1億9320万円と史上2番目の高値で競り落とされた。

1キロあたり70万円。

前年に続き続いてすしチェーン「すしざんまい」を展開する喜代村(東京・中央)が落札した。

 

今年は大型の生の国産クロマグロが例年より多く出品され、競り場は活気づいた。

最高値がついたのは一匹276キロの巨大なクロマグロ。例年の初売りでつけた史上最高値一匹、3億3360万円には及ばないものの、記録がある1999年以降、2番目に高かった。

マグロは同チェーンの本店などで提供された。

 

一方青果の初競りでは「佐藤錦」のさくらんぼが80万円で落札された。

大田市場(東京・太田)で5日、青果の初競り開催され山形県産さくらんぼの高級品種「佐藤錦」500グラムが80万円で落札された。

2019年の35万円を大きく上回る過去最高値だった。

 

新春恒例のご祝儀相場、良いニュースですね。

私は、宝くじは見事に外しましたが、今年1年も真面目に頑張って参ります。

では今週も頑張って行きましょう。



2020年1月 6日 10:54 |




1234567891011

Copyright (C)2012 SINKA KOUGYOU All Rights Reserved.
​ ​